So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
鉄骨造りのコウモリ対策 ブログトップ

コウモリの侵入 [鉄骨造りのコウモリ対策]

鉄骨造りに外壁がALC張りの場合、外壁のジョイント部分と屋根笠木の接点にシーリング打ちが甘いと、コウモリが侵入する危険がググっと高くなります。
10㎜の隙間を見つけ、コウモリが天井裏側に侵入すると知らない内にコウモリの糞が堆積してしまいます。
断熱材の下にも入り込み、冬越しを行います。
4.JPG
主要な柱の裏から糞が零れ落ちています。
1.JPG
断熱材を撤去すると断熱材の下へも入りこんで居ました
2.JPG
脱糞をバキューム清掃を行います

nice!(0)  コメント(0) 
鉄骨造りのコウモリ対策 ブログトップ