So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

瓦の下に侵入するコウモリ対策 [スズメ込み板金でコウモリ対策]

和風住宅にコウモリが住み着いた場合、侵入箇所の隙間補修を行うと、飛び出したコウモリが他の隙間へと侵入し始めます。
再侵入箇所の一つが、破風側のケラバ部分と樋側のスズメ口という部分へ侵入する事が有ります。
今回は、スズメ口の補修を行いました。
3.JPG
瓦の先端側は雨樋にかぶさる形の成っています。この部分をスズメ口と言います。
2.JPG
角樋は樋受けの爪が確実に留めて有るので取り外す事が容易で無いです。
1.JPG
スズメ込み板金を樋と瓦の隙間からロングドライバーーラチェットで固定します。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。