So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

軒桁のコウモリ侵入口 [軒桁と見切木の隙間にコウモリの糞堆積]

和風住宅の軒下に、コウモリが飛来休憩にやって来ると隙間を見つけしんにゅうを始めます。
僅か1㎝の隙間から侵入可能なアブラコウモリは、軒桁に有るボルト穴の隙間や胴縁の切れ目と成る、1㎝程の隙間から侵入を始め、結局営巣される事と成ります。
脱糞を確されたら何はともあれ専門家の調査を依頼される事です。3.JPG
和風住宅の垂木が見えるタイプのお家は、面戸板までの奥行部分に休憩にやって来ます。
1.JPG
軒桁と外壁上部の見切木との間に休憩にやって来る為、
軒桁の隙間に糞が多く成ります。
2.JPG
脱糞の付着が多い場所は、やはり侵入口としての1㎝程の隙間が有ります。

nice!(0)  コメント(0) 

トタンの中のコウモリ [和風住宅のコウモリ侵入箇所]

和風住宅トタン外壁の場合、棟木・もや・軒桁とトタン外壁の隙間からコウモリが侵入し、土壁とトタン壁の間に棲み付きます。
今回のコウモリ対策は、和風住宅のトタン外壁張の平屋住宅コウモリ対策です。
1.JPG
上下に分かれた2色分けで張られたトタン外壁にコウモリが侵入して居ます
2.JPG
トタン外壁を丁寧に剥がすと、コウモリが居ます。
3.JPG
ここにも2羽のコウモリが住み着いています
4.JPG
カーポート上にも足場板を似せて、
トタン内部を確認し脱糞の清掃を行います。

nice!(0)  コメント(0) 

コウモリの侵入箇所 [コウモリ侵入口]

コウモリ防除作業が続きます。
こんなに気温が高い日が続きますが、相変わらずコウモリは元気に活動を続け、毎日毎日脱糞を落とします。脱糞の量も一段と増え、繁殖した事が覗えます。ほんの僅かな隙間に入り込み、繁殖活動を行う為、知らに内に換気扇の縁・エアコンパイプの隙間、軒天井の隙間から脱糞が零れ落ちます。
1.JPG
換気扇ガラリのルーバーに隙間から侵入したコウモリ
3.JPG
換気ガラリはステンレスメッシュネットで補修します
4.JPG
和風住宅寄棟屋根の軒桁の交差部分と軒天井の隙間
5.JPG
1㎝有るか?無いかの?の隙間にコウモリの足の爪発見!
この鋭い爪で凹凸に掴まり、羽を畳んで中へ中へと侵入していきます。

nice!(0)  コメント(0) 

天井裏のコウモリ動画 [天井裏で休憩中のコウモリ]

天井裏のコウモリはぶら下がって休憩するタイプや、天井板と断熱材の隙間に潜むタイプを居ますが本日のコウモリは、もやと垂木の上で休憩中でした。

nice!(0)  コメント(0) 

夏場のコウモリ [暑さを避けて断熱材の下]

これから益々脱糞が目立ちますが、1階の犬走コンクリートや、エアコン室外機等の目立つ場所に落下知れば、コウモリ生息を知る事に成りますが、1階の瓦上に堆積する場合は気付かない事が有り得ます。
4.JPG
1階の瓦屋根に堆積し始めた、アブラコウモリの脱糞
5.JPG
妻側の格子の裏に沢山隠れています。
6.JPG
天井裏の断熱材の下に潜り込み暑さを凌いでいる様です。

nice!(1)  コメント(0) 

コウモリ被害続出

子育てもそろそろ終盤のコウモリは、今年誕生したコウモリも捕食活動に飛び回る様に成りました。
建物外周のコウモリの脱糞もより目立ちます。
これだけ高温期が続くと、コウモリも屋外に休憩を行う事も増えm、増々脱糞が目立つ様に成ります。
1.JPG
マンションのベランダ笠木にコウモリが侵入
脱糞の異常に気付き調査依頼で向かいました。
2.JPG
和風住宅の垂木と面戸板造りのお家では、
軒下の奥行部分の有る、外壁と軒桁部分で休憩中
3.JPG
コウモリ侵入箇所付近には大量の脱糞が落下

nice!(0)  コメント(0) 

水切り板金にコウモリの糞 [コウモリの糞落下]

荒い出し外壁と軒桁のコーナー部分にコウモリが休憩に飛来します。
小石を塗りこんだ外壁は、コウモリの爪が引っ掛かり易い事も有って、夜間の温度が高いこの時期は外壁に良く休憩を行います。
1.JPG
外壁に休憩を行うと下の水切り板金に糞が落下します
2.JPG
コウモリの糞が連続して堆積すると、板金は酸化して穴が空く事も有ります。
3.JPG
コウモリの尿がトタン外壁に付着すると酸化して白く変色が残ります

nice!(0)  コメント(0) 

格子のコウモリ [格子の裏で子育てのコウモリ]

格子へのコウモリ飛来休憩が多く、脱糞が目立ちます。
本来、格子へのコウモリ飛来休憩は夜間だけでしたが、最近では昼間も居続けて格子の裏側で子育てを行居って居ます。 
1.JPG
棟木の上には今年誕生した新しいコウモリがお昼寝中です。
棟木と垂木の△の狭い隙間にもコウモリが侵入して居ます。
2.JPG
面格子の裏には沢山のコウモリが居座って居ます。
3.JPG
当然のコウモリ事ながら、瓦の上には多くの脱糞が落下しています。

nice!(0)  コメント(0) 

コウモリの専用出口

コウモリ対策が連日続きます。
大屋根のケラバ部分にコウモリが侵入します。
夕方に成ると、ケラバの先端部分から一斉にこうもりが羽ばたきます。
ケラバにコウモリの出口を作成し瓦の下に閉じ込める事が無い様に最大限気を付けながら作業を行います。
5.JPG
施行する場所は2連梯子を利用するような高い位置です。
1.JPG
ケラバ部分はステンレスネットをカット加工して取付けます
2.JPG
侵入箇所には専用の出口を取付けます。
一週間出口の様子を確認し最終補修を行ないます。

nice!(0)  コメント(0) 

格子のコウモリ対策 [コウモリネットバリア施工]

コウモリの脱糞がドンドン増えます。
コウモリの脱糞の落下で初めて、コウモリの生息に気付かれる事例が増えています。
1.JPG
瓦の上にも多くの糞が堆積しています。
2.JPG
脱糞落下の原因は、格子の多くのコウモリが飛来休憩を行うからです。
3.JPG
今年誕生したコウモリも一緒に休憩中です。
格子へのコウモリ飛来休憩防止策は、コウモリネットバリア施工が効果的です。
4.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -