So-net無料ブログ作成

瓦の下から軒天井へ侵入するコウモリ [コウモリの脱糞清掃]

コウモリ対策が連日続きます。コウモリが侵入営巣する場所は、千差万別多種多様な場所に棲み付きます。
全てに共通するのは10mm以上の隙間が存在する!と言う事と、閉ざされた空間が多いと言えるでしょうか!
シャッターBOXで子育てするコウモリや、換気ガラリ、瓦の下や、軒天井の中、軽量鉄鋼系の断熱材の中。
それぞれの場所に営巣すると、やはり脱糞が溜まります。コウモリ被害の一つに脱糞被害が有ると言えます。
6.JPG
軒天井を開口し軒天井内に堆積した脱糞の清掃を行います。
4.JPG
瓦の下へ侵入したコウモリが野地板の隙間から軒天井内へと侵入します。
7.JPG
軒天井を開口すると堆積してる脱糞が瓦の上に大量落下!
2.JPG
鼻隠しと野地板の間に隙間が有るので、ここから軒天井へ侵入して居ます。
コウモリ撃退

面戸板を齧って侵入するコウモリ [コウモリの侵入事例]

コウモリの侵入被害が相次いでます。
以前、コウモリに詳しい先生のお話を聴衆した事が有りますが、コウモリは木を齧る事は無いとの事でしたが、現場で施工する我々は、コウモリが板を齧って侵入口を大きくして出入する事例を経験して居ます。
2.JPG
10mmの隙間が有ればコウモリは侵入可能です。
1.JPG
軒桁の上にも多くの糞が残ります。
3.JPG
軒桁上に入る面戸板と軒桁のほぞ穴を利用して侵入するコウモリは、
面戸板を齧り侵入し易い様にしています。
コウモリ撃退

熱交換タイプ換気扇のコウモリ対策 [換気扇のコウモリの脱糞清掃]

熱交換換気扇は内部に発泡スチロールの保温材が使用されて居るので、コウモリが侵入して営巣を行い易いです。換気扇を常時使用して居ても侵入する事が有ります。
スリブ管の内部が左右に分かれ、片方は吸気に使用されもう片方が排気に使用されています。
吸気に利用される配管側にコウモリが侵入し、内部へと徘徊する為に内側にも脱糞が堆積してしまいます。
1.JPG
コウモリが侵入営巣して居た、熱交換タイプの換気扇本体
発泡スチロールの黒ズミと堆積して居た脱糞
2.JPG
綺麗に水洗い清掃を行い臭いも無くします。
3.JPG
熱交換タイプの換気扇全体部品
5.JPG
換気ガラリから再侵入されない様にステンレスネットを取付けます

スズメ込み板金でコウモリ侵入防止 [寄棟屋根のコウモリ対策]

寄棟屋根にコウモリが侵入する事例は、殆どがスズメ込み口からの侵入です。
5.JPG
寄棟屋根は東西南北の四方向に屋根が下がるタイプで、
雨樋が四方向にぐるり一周繋がるのが特徴です。
2.JPG
シックが抜け落ちスズメ込み口に隙間が空くと、この部分から侵入します。
施主様の苦労の後が垣間見えます。
3.JPG
茶色の鼻隠しに一旦止まり、羽を畳んだ後瓦の下へと侵入します。
鼻隠しがコウモリの尿の跡で白く変色するのが特徴です。
1.JPG
雨樋を取り外しスズメ込み板金を取付けます。更にシリコンコーキングで隙間を無くします。
コウモリ撃退

シャッターBOXを子育て場所にするアブラコウモリ [シャッターBOXのコウモリ対策]

シャッターBOXを利用して子育て中のアブラコウモリ。
今年生まれたアブラコウモリも薄っすらと毛が生えそろって来ました。
1.JPG
まだまだ歩き方もぎこちない気がします
コウモリ撃退