So-net無料ブログ作成

アルミサイディングの隙間に侵入するコウモリ対策 [15㎜縦胴縁の隙間を好むコウモリ]

梅雨時に成ると、コウモリの糞が堆積してる場所は特有の臭いがする様に成ります。
コウモリは哺乳動物なので、脱糞や尿にはアンモニアが含まれます。 コウモリの脱糞と尿は同じ場所で何度も繰り返されるので、金属部分はサビが生じたり、酸化による外壁の変色が目立つ様に成ります。
本日の施主様宅は、元々はモルタル外壁だった所に、アルミサイディングを重ね張りした為に、縦胴縁15㎜の隙間にコウモリが侵入営巣を行ってます。
5.JPG
本来のモルタル外壁の上に、15㎜の縦胴縁を打ち付け横張のサイディングが取り付けて有ります
2.JPG
コウモリにとってはもっと良い隙間の位置関係に成ります。
3.JPG
侵入箇所付近のアルミサイディングには多くの脱糞が付着して居ます