So-net無料ブログ作成

コウモリネット [コウモリ休憩防止ネット]

外壁の飛来休憩するコウモリ相談は年々増加の傾向です。
壁側に対して登り勾配天井で、外壁がリシン吹き仕上げの場合コウモリが休憩にやって来ます。
1.JPG
コウモリは入隅がとっても大好きで安心して休憩できるポイントの様です。
2.JPG
軒下も玄関入隅も 両側とも物理的に飛来出来ないネットバリアは有効的な対策です
11.JPG
リシン吹き外壁と素焼きタイルの外壁はコウモリが休憩し易い部類です
12.JPG
コウモリ飛来休憩防止ネットバリア工法で、コウモリの休憩を避けさせます
9.JPG
新築間もないお家はキズを付けたく無いのでマウントを取付けネットを固定します
10.JPG
6㎜目の黒色ネットは、目立たず安心です。

エアコンカバーの隙間からコウモリ侵入 [コウモリ追い出し完了]

先日から追い出し作業を行って居たお家のコウモリ対策最終補修です。

7.JPG

エアコンパイプの隙間からコウモリが侵入し、室内エアコンの裏側まで棲み付いていました。

8.JPG

追い出しが完了したので、カバーを取付けます

9.JPG

雨が入り込まない様にカバーの縁にはコーキング処理をして完了です。

壁面内部に侵入したコウモリは薬品では追い出しきれません。

専用の出口を作成し、屋外へ飛び立たせます。

外壁塗装とコウモリ対策 [スズメ込口からコウモリ侵入]

年間のコウモリ防除の施工件数が大方100棟に達します。少ない年でも60棟程のコウモリ対策を行って居ますので、弊社開業20年を過ぎコウモリ対策のお客様は恐らく大小合わせ1000軒程に成るでしょう!
東は千葉県君津市、西は兵庫県たつ野市まで施工に伺いました。 しかし、メンテナンスの事を考えるとやはり近場のお客様に成ってしまいます。 彦根市と石川県能美市のお客様もう少しお待ち下さいませ。段取りして向かいます。
さて、本日はセメント瓦のスズメ込み口からのコウモリ侵入です。外壁塗装の為に雨樋が取り外して有るので、施工するなら今がチャンスです!雨樋が有るとスズメ口が見え難いので補修も上手く行きません。
1.JPG
セメント瓦にスズメ口はこんな感じで隙間が空いています。
2.JPG
鼻隠しに一旦止まったコウモリが、羽を畳んでこの隙間に侵入します。
3.JPG
破風板に止まるコウモリも同様で、瓦に下へと入り込みます。
足場の有るうちにシッカリと補修が必要です。

コウモリ飛来休憩の見極め [ベランダにコウモリの脱糞]

コウモリの糞がベランダに落下する場合、飛来したコウモリが外壁で休憩をするので、結果的に脱糞がベランダに落下して居るのか?隙間が有り侵入営巣を行って居るのか?
をしっかりと見極めないと、建物内部にコウモリを閉じ込めたまま補修を行なってしまう危険が生じます。
5.JPG
ベランダに毎朝これだけの脱糞が有るとウンザリされるのも納得
6.JPG 
こちらの和風住宅の場合 棟木の両脇がコウモリの尿で白く変色が始まっています。
DSC00695.JPG
天井裏から棟木の上部をチェックします。
棟木の上の△の奥に白いサイディングが見えます。
この様な場合は、天井裏への侵入は有りません。
外壁への飛来休憩にタイプなので、コウモリネットバリア対応がBESTな選択と成ります。

ステンレスメッシュ金網でコウモリ補修 [高車でコウモリ対策]

梅雨入り宣言の後、晴天が続きます。コウモリ対策の依頼が多い弊社にとっては、外部(外側)からの補修作業がメインと成るので、晴天は嬉しい限りです。
2.JPG
外壁と軒天井の取合せ部分が換気の為に空けて有る場合、
この取合せ部分の見切金具の隙間1㎝から侵入します。1.JPG
ステンレスメッシュの金網をU字に折り曲げ取り付けて行きます。
3.JPG
朝一番の高車を使ってのコウモリ対策は、
換気ガラリに飛来休憩するコウモリ対策の為に、
換気ガラリにステンレスメッシュのネットをカットして取付けました。