So-net無料ブログ作成
検索選択

スズメ込口からのコウモリ侵入 [漆喰の欠落箇所からコウモリ侵入]

コウモリは1㎝程の隙間が有れば侵入してしまいます。6月とも成るといよいよ繁殖期を向かえるアブラコウモリは、一度のお産で3羽ほどの赤ちゃんを産み育てます。 3年位の寿命ともいわれて居るので、増加傾向に有ります。
コウモリの天敵は少なく、生まれた子供は順調に成長すると8月にはエサ取りに飛び交う様に成るので、お盆を過ぎる頃には、脱糞の数も断然増えます。
5.JPG
スズメ込の補修の努力が見えますが、この補修はかえって留まり易くなりました。
2.JPG
瓦の先端部分の下側に入る 漆喰が脱落すると コウモリの侵入が始まります
4.JPG
鼻隠しに一旦止まったアブラコウモリは、羽を畳んで瓦の下へと侵入します。

コウモリネットバリア施工 [コウモリ飛来防止ネット]

コウモリが外壁に休憩をする為に脱糞が目立ち始めます。

リシン吹き外壁の場合、突起がある為に爪が引か借りやすく、特に休憩し易い外壁の一つです。

リシン吹き外壁の勾配軒天井は、コウモリにとっては絶好の休憩ポイントと成ります。

営巣するコウモリに比べ対策が難しく、止まる事出来無くするネットバリア施工が一番の解決方法と成ります。5.JPG

妻側は本来休憩し難い場所ですが、脱糞が目立つのでネットバリア施工で対策

6.JPG

入隅は絶好の休憩ポイントなので、ネットバリア施工で対応

3.JPG

勾配軒天井はとっても好む休憩ポイントなので、ネットバリア施工で対応

軒桁と外壁の隙間にコウモリ侵入 [コウモリの侵入口]

僅か1㎝の隙間から侵入可能なアブラコウモリは、一旦侵入を始めると中間がどんどん集まって来ます。

和風住宅の場合は、目立ち難い場所に隙間が有るので、慎重にちょうさを行わなければ成りません。

4.JPG

外壁の汚れが目立つ場所には侵入口が存在する事が居多い

5.JPG

外壁上部の見切金具を固定する桐縁と軒桁に出来たわずかな隙間を選んで侵入します。

2.JPG

軒桁に有るボルトの突起部分の両脇にはコウモリ侵入可能な隙間が存在します・

シャッターBOXのコウモリ対策 [シャッターBOXが好きなコウモリ]

コウモリがシャッターBOXに侵入する時期に成りました。

コウモリが休憩にシャッターBOXにやって来る場合と、子育てに利用するコウモリが居ます。

毎朝、サッシに脱糞が確認される場合は、出入りが繰り返されています。特に、昼にも落下する様な場合は、完全に住み着いています。

シャッターBOXへのコウモリ侵入を防ぐ為に、多く用いられる補修が隙間パッキングです。

7.JPG

隙間パッキングは伸縮タイプなので、コウモリが強引に侵入可能と成ります。

6.JPG

シャッターBOXの補修はブラシを用いると効果的に防ぐ事が可能です。