So-net無料ブログ作成
検索選択

コウモリの脱糞 [水切り板金にコウモリの糞]

中々、休日が取れません[もうやだ~(悲しい顔)] 本日も現地調査が続きます。

コウモリの脱糞が目立ちはじめ,調査依頼もどんどん入ります。 雨降りは調査がし難いので、天候の良いうちの少しでも調査件数を稼ぎます。

本日も、コウモリ現地調査2軒とイタチ侵入調査を行い、稲沢市まで出かけてのエコキュートに侵入したネズミ調査でしたが、調査の結果ベランダアルミ笠木から落下する、アブラコウモリの脱糞でした。

1.JPG

白い水切り板金の上に落下するコウモリの糞が目立ちます。

2.JPG

外壁のアクセントに取り付けられたブロックレンガの脇が休憩場に早変わりです。

これから梅雨時を経て、秋口までコウモリの脱糞が目立ちます。

早々に対策を考えましょう。[手(チョキ)]


コウモリ調査依頼多し [コウモリの脱糞が増えます]

夜の外気温が15℃以上に成りました。

軒下にコウモリの糞が目立ち始めました。

隙間が有れば、飛来休憩中のコウモリが侵入営巣を行います! 早めの対策が必要です。

コウモリ.jpg


換気見切りカーナーカバーにコウモリ侵入 [換気見切りコーナーカバ-コウモリ対策]

軒天井と外壁の交わる部分に、軒天上や天井裏の換気の為に見切り換気工法が用いられる住宅も多く見受けられます。

換気見切りのスリット間隔は6㎜程なので、この部分から軒天内へのコウモリ侵入は考え難いですが、コーナーカバーの接合部では、どれ位隙間が空いて居るかは分かりません。

水切り板金の内側方向に、壁の中を通過して落下する脱糞が有る事は、壁の面まではコウモリが侵入して居る事と成ります。

6.JPG

換気見切りコーナーカバーです。

4.JPG

外壁がリシン塗装だと一段と止まりやすい環境に成ります。

7.JPG

内部にステンレスメッシュのネットを入れシリコンコーキングで補修w行います


換気口からコウモリの糞が落下 [コウモリの侵入口]

施主様は数年来コウモリに悩まれています。

軒天井に設けられた換気口からコウモリの糞がベランダに落下するそうです。

5.JPG

調査を行うと、換気口の網目にコウモリの糞が詰まっています。

7.JPG

軒天井に設けられた換気口を取り外し、内部を確認するとコウモリが居座っています。

6.JPG

発砲断熱材の隙間からも脱糞が天井裏に堆積し始めています。

2.JPG

侵入口は、もやと軒天井の隙間から侵入して居ます


コウモリが活発化 [コウモリ飛び回る]

コウモリ対策の時期に成りました。

1.JPG

物置から点検中に飛び出すコウモリ

3.JPG

天井裏の垂木や野地板に片足でぶら下がって休憩中です。

4.JPG

寒い時は、もやのと土壁の隙間に入り込み、寄り添うように冬を過ごします。