So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

RC造りの中学校のコウモリ対策 [瓦の下で生活する冬場のコウモリ]

今朝はこの冬一番の冷え込みと成り、弊社の近くの国道に設置してある温度計は、-4度と成って居ました。
一番の冷え込みとなった本日は、予定していた学校のコウモリ対策に向かいました。
流石にこの時期コウモリは活動しません。11月に点検に伺った頃にはまだまだ脱糞も多く、瓦の下へ入り込むコウモリなので、ここで冬越しをされた場合、最終補修は気温が上がる4月頃になるでしょう。
1.JPG
ベランダから梯子を掛けての作業と成ります。
2.JPG
瓦と鼻隠しの隙間は漆喰が入って無いので、この隙間に侵入します。
スズメ込み板金を取付けて行きますが、数箇所に専用出口を造ります。
3.JPG
全体の仕上がりはこんな感じに成ります。
瓦に合わせ隙間はコーキングで更に補修します。
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 

格子に居座る冬場のコウモリ [和風住宅のコウモリ対策]

暦の上では春と言う事ですが・・・・とんでもなく寒い日が続きました。昨日は少し寒さも和らぎ、小春日和を感じる一時も有りましたが、平年並みと言う事です。
今年は異常に寒さを感じる今日この頃ですが、真冬にも関わらずコウモリ対策を行って居ます。
飛び出し口専用の出口を作成し、春先まで待ちましょう!として有る現場から 『コウモリが飛び出し、歯入れに状態に成って居ます!』との連絡が、日々入りますので、こんなに寒い時期でもコウモリは夜間飛び出していると言う事に成ります。
そんな、本日は和風住宅のコウモリ対策現地調査に伺いました。
1.JPG
和風住宅の妻側に取り付ける『格子』ここにコウモリの脱糞が目立つとの事です。
2.JPG
格子の隙間の壁側にはコウモリが捉まって隠れています
3.JPG
南北面の面戸の隙間にはコウモリの脱糞がボルト穴に堆積して居ます
4.JPG
垂木と面戸板と軒桁の交差部分には1㎝以上の隙間が存在し、
ここからもコウモリの侵入が確認されます。

nice!(0)  コメント(0) 

ステンレスネットでコウモリ対策 [10㎜の隙間からコウモリ侵入]

冬場に成ってしまい、中々壁面内部から飛び立たなく成ってしまったので、最終補修は4月頃になるでしょうか!エアコン付近の壁の中を、今時期でも夜に成ると、カサカサと動いて居るとの事です。
この時期ならではの補修作業を行い、侵入箇所は専用の出口を作成しました。
2.JPG
サッシの上の隙間(10㎜)から壁の中へと侵入し、エアコン配管に貫通部分から壁面へと侵入します。
3.JPG
夏に成ると飛来休憩が始まる、ベランダアルミ笠木はこの時期に補修をしておきます。
5.JPG
シャッターBOX上部の外壁と隙間もステンレスネットが大活躍と成ります。

nice!(0)  コメント(0) 

スズメ口からコウモリ侵入 [軒天井にコウモリの糞堆積]

過去5年以内で3回~4回ほど室内にコウモリが飛び出してそうです。
どこから飛び出して来たのか?皆目見当がつかないが、今回リフォーム工事に伴い、天井裏を確認して貰った所、天井裏にコウモリの糞が確認されたとの事で、ご主人が自身で再確認に入った所、軒天井には更なる脱糞を確認され、プロに点検依頼をお願いされ、調査に向かいました。1.JPG
軒天井内のコウモリの糞にしては亮が多いです。
2.JPG
垂木の半分の高さまで堆積して居ます。
3.JPG
スズメ口には漆喰が入っていますが、見えない位置に1㎝程の隙間が有るのでしょう。
スズメ口から侵入したコウモリが、鼻隠しと野地板の隙間から軒天井に侵入する事が起こります。
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 

軒天井にコウモリの脱糞 [軒天井からコウモリの糞]

コウモリが軒天井に侵入して棲み付いています。
軒天井の中にはコウモリの糞が堆積し、振動でつなぎ目からはみ出して来ました。
4.JPG
黒い米粒大の脱糞がジョイント部分からはみ出して来ました
5.JPG
軒樋の上にも落下しています。
3.JPG
侵入してる軒天井の中はコウモリの脱糞が堆積しています。
コウモリ撃退

nice!(1)  コメント(0) 

塗装工事とコウモリ対策 [格子の上にコウモリ侵入の隙間]

以前からコウモリの侵入が有り、妻側に取り付けられた格子の下に多くに脱糞が目立っていた様です。
室内へも何度か飛び出した事が有り、外壁塗装の足場が有るうちに点検して欲しいとのご依頼で調査しました。
5.JPG
木部塗装が始まった格子部分
2.JPG
格子の上の棟木 △の隙間が空いています
4.JPG
以前バックアップ材での補修がされた居ますが一部齧られ始めました
6.JPG
南北面の軒桁沿いに有るボルトの突起部分でカットされた胴縁に隙間からも侵入して居ます。
塗装工事の終了と共にコウモリ対策をとの事ですが・・・工期が有りません[もうやだ~(悲しい顔)]
まだまだコウモリ対策や害獣対策の仕事がはけません・・・弱った。
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 

換気扇がコウモリの糞で動かない! [換気扇のコウモリ対策]

トイレの換気扇が全く動きません。

それもそのハズ、コウモリが侵入し脱糞と尿によるサビで固まっています。

1.JPG

換気カバーを取り外し内部を確認します。

先日現地調査を行った換気ガラリに侵入するコウモリ対策を本日行いました。
2.JPG
コウモリが折り重なる様に棲み付いているのが確認できた、先日の現地調査時
3.JPG
換気扇を取り外し、スリブの中に堆積した脱糞清掃を行います。
4.JPG
コウモリの糞が詰まって動かなかった換気扇。
取り外して綺麗に清掃を行い作動確認をします。
5.JPG
カバーも綺麗に清掃しスッキリ!動きも抜群!
6.JPG
侵入する事も休憩する事も出来ない様に、
表面側でステンレスメッシュのカバーを取付けます。

nice!(0)  コメント(0) 

時計の裏にコウモリ侵入 [入隅を好むアブラコウモリ]

明日11月14日は雨との予報で、その後冬型の気候に突入する見通しですが、コウモリはいよいよ冬眠の準備に入り、施工途中の現場では、中々外へ飛び出さないので、最終補修のタイミングが難しく成ります。
そんな、気候の中まだまだコウモリ対策現地調査が続きます。
1.JPG
外壁掛けられた大きな掛け時計
時計の裏側にコウモリが侵入するので、
外壁が尿で白く汚れてしまいました。
2.JPG
入隅はコウモリが好んで休憩するポイント
3.JPG
脱糞の影響でアルミサッシの水切りが変色(酸化)しています。
コウモリ撃退

nice!(1)  コメント(0) 

換気ガラリのコウモリ [換気扇にコウモリぎっしり]

換気ガラリに侵入するコウモリ事例が増えています。
ステンレスメッシュの網が換気ガラリに取り付けて有る場合は、コウモリが内側まで侵入する事は有りませんが、休憩することはしばしば見受けられます。
換気ガラリがルーバー状のアルミ板の場合は、鳥は侵入しませんがコウモリは侵入出来てしまいます。換気ガラリのタイプで休憩のみか?あるいは、住み着いての子育てに利用するケースと色々なタイプにが有ります。
1.JPG
横ルーバータイプの換気ガラリ コウモリが居座ってます。
2.JPG
狭い換気ガラリの中に15~6羽住み着いています。
3.JPG
夏場は換気ガラリで子育てを行い、寒くなると軒天井換気見切から天井裏へと侵入。
出入口は特に汚れが目立ちます。
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 

アルミ笠木のコウモリ対策 [笠木のコウモリネット補修]

昨日作成した、コウモリ補修材料を使用して、アルミ笠木のコウモリ補修を行ないました。
4.JPG
屋上階のアルミ笠木にコウモリが休憩にやって来ます。
外壁に一旦止まった後、羽を折り畳んで笠木の中へ休憩に入ります。
2.JPG
加工したステンレスネットを外壁と笠木の隙間ははめ込んでいきます。
1.JPG
固定はシリコンコーキングを使用します。
これならば、10年は問題無く持ちます。
見た目もGOOD!
コウモリ撃退

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -