So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

スズメ込み板金でコウモリ侵入防止 [寄棟屋根のコウモリ対策]

寄棟屋根にコウモリが侵入する事例は、殆どがスズメ込み口からの侵入です。
5.JPG
寄棟屋根は東西南北の四方向に屋根が下がるタイプで、
雨樋が四方向にぐるり一周繋がるのが特徴です。
2.JPG
シックが抜け落ちスズメ込み口に隙間が空くと、この部分から侵入します。
施主様の苦労の後が垣間見えます。
3.JPG
茶色の鼻隠しに一旦止まり、羽を畳んだ後瓦の下へと侵入します。
鼻隠しがコウモリの尿の跡で白く変色するのが特徴です。
1.JPG
雨樋を取り外しスズメ込み板金を取付けます。更にシリコンコーキングで隙間を無くします。
コウモリ撃退

シャッターBOXを子育て場所にするアブラコウモリ [シャッターBOXのコウモリ対策]

シャッターBOXを利用して子育て中のアブラコウモリ。
今年生まれたアブラコウモリも薄っすらと毛が生えそろって来ました。
1.JPG
まだまだ歩き方もぎこちない気がします
コウモリ撃退

お産を終えたアブラコウモリ子育て中! [天井裏はコウモリの糞だらけ。]

お産を終えてたアブラコウモリは、天井裏や軒天井の中、はたまた断熱材と外壁の隙間でと子育てに奮闘中です。コウモリが増えれば、脱糞も比例して増えます。子育て中のコウモリは後3週間もすると、今年うまれたコウモリも親と一緒に捕食の為に飛び交う様に成ります。増々脱糞が増えてしまいます。
5.JPG
天井裏に堆積した大量のコウモリの糞
3.JPG
原因は換気格子の中に住み着いたコウモリが断熱材の裏側へと侵入する為です。
4.JPG
お産を終えて子育てに奮闘中の為に脱糞も更に増えます。
2.JPG
軒天井の隙間から挨拶をするアブラコウモリ
コウモリ撃退

コウモリ侵入防止ブラシを使用してのシャッターBOX対策 [シャッターのコウモリ対策]

シャッターBOXに侵入するコウモリ対策に、皆さんご苦労をされています。
シャッターBOXに侵入するコウモリは2通りのタイプが有ります。
夜間休憩だけにやって来る、ご休憩タイプ。
シャッターBOX内で5月から10月まで過ごしながら子育てを行う、期間限定間借りタイプです。
間借りタイプのコウモリに成ると、やはりシャッターBOXの隙間を補修する補修さ行が必要と成ります。
4.JPG
網戸に一旦爪を引っかけて止まり、その後羽を畳んでシャッターBOXへと侵入するので、
網戸とシャッターの隙間を網戸のスライドに邪魔に成らないブラシを使用します。
5.JPG
シャッターを上に巻き込んだ状態ではフレームにぴったり収まります。
6.JPG
シャッターBOXとシャッターの隙間はアルミのLアングルを使用します
7.JPG
全ての隙間がスッキリと収まります。
コウモリ撃退

シャッターBOXで子育て中のコウモリ [シャッターBOXにコウモリ侵入]

シャッターBOXへ侵入するコウモリが後が絶ちません。
休憩だけにやって来るコウモリも居れば、5月から居座り続け子育てをコウモリも居ます。
本日のシャッターBOX調査では、子育て中のコウモリが生息して居ました。
2.JPG
シャッターBOXから出て来た今年生まれたコウモリ
3.JPG
体毛が生えそろっていませんので生後2週間位ですね!
4.JPG
シャッターの内側にはコウモリの脱糞が堆積中
これは何とかしないといけませんね~。

熱交換換気扇のコウモリ対策 [熱交換換気扇にコウモリが侵入]

換気扇に侵入するコウモリ対策の場合、換気扇や換気口のタイプに施工する場所や方法が変わって来ます。
コウモリの侵入箇所や生息場所が換気扇のタイプにより違うので、構造とコウモリの性質を能々知った上での対策が必要と成ります。
6.JPG
熱交換タイプの換気扇は、壁面内部を通すスリブは左右の2重構造と成ります
5.JPG
熱交換タイプの換気扇は断熱材として発泡ウレタンが使用され、
モーターカバー付近にもコウモリの脱糞が堆積します。
1.JPG
外観は上記の様な換気ガラリの無いタイプと成って居ます。

外壁に飛来するコウモリ対策ネット [コウモリネットバリア施工IN石川県]

本日は石川県まで出掛けのコウモリネットバリア施工です。
地元の害虫獣対策の会社数社にコウモリ対策を相談されましたが、外壁に飛来休憩するコウモリ対策は出来ない!と断られてしまい、ネットであれこれ検索される中で弊社のブログを見つけて下さいました。
リシン吹き仕上げの外壁に登り勾配の軒天井だと、コウモリの休憩場所としては持って来いの場所と成ります。
ましてや入隅が有る場合は、コウモリ休憩のベストポジションと成ってしまいます。
13.JPG
本日覗ったお家は幸いにも梯子での作業が可能なタイプです。
敷地の関係や軒天井の出幅次第では足場掛けや高所作業車が必要と成ります。
111.JPG
ネットを張り込むマウントを設置します。
10.JPG
6㎜の黒色ネットは少し離れると殆ど目立ちません
14.JPG
鼻隠しと外壁とにマウントを設置
16.JPG
入隅部分への飛来がポイントなのでこの場所へコウモリが行けない様に張り込みます
9.JPG
これで完璧です!

コウモリネット [コウモリ休憩防止ネット]

外壁の飛来休憩するコウモリ相談は年々増加の傾向です。
壁側に対して登り勾配天井で、外壁がリシン吹き仕上げの場合コウモリが休憩にやって来ます。
1.JPG
コウモリは入隅がとっても大好きで安心して休憩できるポイントの様です。
2.JPG
軒下も玄関入隅も 両側とも物理的に飛来出来ないネットバリアは有効的な対策です
11.JPG
リシン吹き外壁と素焼きタイルの外壁はコウモリが休憩し易い部類です
12.JPG
コウモリ飛来休憩防止ネットバリア工法で、コウモリの休憩を避けさせます
9.JPG
新築間もないお家はキズを付けたく無いのでマウントを取付けネットを固定します
10.JPG
6㎜目の黒色ネットは、目立たず安心です。

エアコンカバーの隙間からコウモリ侵入 [コウモリ追い出し完了]

先日から追い出し作業を行って居たお家のコウモリ対策最終補修です。

7.JPG

エアコンパイプの隙間からコウモリが侵入し、室内エアコンの裏側まで棲み付いていました。

8.JPG

追い出しが完了したので、カバーを取付けます

9.JPG

雨が入り込まない様にカバーの縁にはコーキング処理をして完了です。

壁面内部に侵入したコウモリは薬品では追い出しきれません。

専用の出口を作成し、屋外へ飛び立たせます。

外壁塗装とコウモリ対策 [スズメ込口からコウモリ侵入]

年間のコウモリ防除の施工件数が大方100棟に達します。少ない年でも60棟程のコウモリ対策を行って居ますので、弊社開業20年を過ぎコウモリ対策のお客様は恐らく大小合わせ1000軒程に成るでしょう!
東は千葉県君津市、西は兵庫県たつ野市まで施工に伺いました。 しかし、メンテナンスの事を考えるとやはり近場のお客様に成ってしまいます。 彦根市と石川県能美市のお客様もう少しお待ち下さいませ。段取りして向かいます。
さて、本日はセメント瓦のスズメ込み口からのコウモリ侵入です。外壁塗装の為に雨樋が取り外して有るので、施工するなら今がチャンスです!雨樋が有るとスズメ口が見え難いので補修も上手く行きません。
1.JPG
セメント瓦にスズメ口はこんな感じで隙間が空いています。
2.JPG
鼻隠しに一旦止まったコウモリが、羽を畳んでこの隙間に侵入します。
3.JPG
破風板に止まるコウモリも同様で、瓦に下へと入り込みます。
足場の有るうちにシッカリと補修が必要です。

前の10件 | -