So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

スズメ口からコウモリ侵入 [軒天井にコウモリの糞堆積]

過去5年以内で3回~4回ほど室内にコウモリが飛び出してそうです。
どこから飛び出して来たのか?皆目見当がつかないが、今回リフォーム工事に伴い、天井裏を確認して貰った所、天井裏にコウモリの糞が確認されたとの事で、ご主人が自身で再確認に入った所、軒天井には更なる脱糞を確認され、プロに点検依頼をお願いされ、調査に向かいました。1.JPG
軒天井内のコウモリの糞にしては亮が多いです。
2.JPG
垂木の半分の高さまで堆積して居ます。
3.JPG
スズメ口には漆喰が入っていますが、見えない位置に1㎝程の隙間が有るのでしょう。
スズメ口から侵入したコウモリが、鼻隠しと野地板の隙間から軒天井に侵入する事が起こります。
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 

軒天井にコウモリの脱糞 [軒天井からコウモリの糞]

コウモリが軒天井に侵入して棲み付いています。
軒天井の中にはコウモリの糞が堆積し、振動でつなぎ目からはみ出して来ました。
4.JPG
黒い米粒大の脱糞がジョイント部分からはみ出して来ました
5.JPG
軒樋の上にも落下しています。
3.JPG
侵入してる軒天井の中はコウモリの脱糞が堆積しています。
コウモリ撃退

nice!(1)  コメント(0) 

塗装工事とコウモリ対策 [格子の上にコウモリ侵入の隙間]

以前からコウモリの侵入が有り、妻側に取り付けられた格子の下に多くに脱糞が目立っていた様です。
室内へも何度か飛び出した事が有り、外壁塗装の足場が有るうちに点検して欲しいとのご依頼で調査しました。
5.JPG
木部塗装が始まった格子部分
2.JPG
格子の上の棟木 △の隙間が空いています
4.JPG
以前バックアップ材での補修がされた居ますが一部齧られ始めました
6.JPG
南北面の軒桁沿いに有るボルトの突起部分でカットされた胴縁に隙間からも侵入して居ます。
塗装工事の終了と共にコウモリ対策をとの事ですが・・・工期が有りません[もうやだ~(悲しい顔)]
まだまだコウモリ対策や害獣対策の仕事がはけません・・・弱った。
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 

換気扇がコウモリの糞で動かない! [換気扇のコウモリ対策]

トイレの換気扇が全く動きません。

それもそのハズ、コウモリが侵入し脱糞と尿によるサビで固まっています。

1.JPG

換気カバーを取り外し内部を確認します。

先日現地調査を行った換気ガラリに侵入するコウモリ対策を本日行いました。
2.JPG
コウモリが折り重なる様に棲み付いているのが確認できた、先日の現地調査時
3.JPG
換気扇を取り外し、スリブの中に堆積した脱糞清掃を行います。
4.JPG
コウモリの糞が詰まって動かなかった換気扇。
取り外して綺麗に清掃を行い作動確認をします。
5.JPG
カバーも綺麗に清掃しスッキリ!動きも抜群!
6.JPG
侵入する事も休憩する事も出来ない様に、
表面側でステンレスメッシュのカバーを取付けます。

nice!(0)  コメント(0) 

時計の裏にコウモリ侵入 [入隅を好むアブラコウモリ]

明日11月14日は雨との予報で、その後冬型の気候に突入する見通しですが、コウモリはいよいよ冬眠の準備に入り、施工途中の現場では、中々外へ飛び出さないので、最終補修のタイミングが難しく成ります。
そんな、気候の中まだまだコウモリ対策現地調査が続きます。
1.JPG
外壁掛けられた大きな掛け時計
時計の裏側にコウモリが侵入するので、
外壁が尿で白く汚れてしまいました。
2.JPG
入隅はコウモリが好んで休憩するポイント
3.JPG
脱糞の影響でアルミサッシの水切りが変色(酸化)しています。
コウモリ撃退

nice!(1)  コメント(0) 

換気ガラリのコウモリ [換気扇にコウモリぎっしり]

換気ガラリに侵入するコウモリ事例が増えています。
ステンレスメッシュの網が換気ガラリに取り付けて有る場合は、コウモリが内側まで侵入する事は有りませんが、休憩することはしばしば見受けられます。
換気ガラリがルーバー状のアルミ板の場合は、鳥は侵入しませんがコウモリは侵入出来てしまいます。換気ガラリのタイプで休憩のみか?あるいは、住み着いての子育てに利用するケースと色々なタイプにが有ります。
1.JPG
横ルーバータイプの換気ガラリ コウモリが居座ってます。
2.JPG
狭い換気ガラリの中に15~6羽住み着いています。
3.JPG
夏場は換気ガラリで子育てを行い、寒くなると軒天井換気見切から天井裏へと侵入。
出入口は特に汚れが目立ちます。
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 

アルミ笠木のコウモリ対策 [笠木のコウモリネット補修]

昨日作成した、コウモリ補修材料を使用して、アルミ笠木のコウモリ補修を行ないました。
4.JPG
屋上階のアルミ笠木にコウモリが休憩にやって来ます。
外壁に一旦止まった後、羽を折り畳んで笠木の中へ休憩に入ります。
2.JPG
加工したステンレスネットを外壁と笠木の隙間ははめ込んでいきます。
1.JPG
固定はシリコンコーキングを使用します。
これならば、10年は問題無く持ちます。
見た目もGOOD!
コウモリ撃退

nice!(1)  コメント(0) 

コウモリ補修材料作成 [ステンレスネットでコウモリ対策]

コウモリ侵入箇所の補修には各種部材を使用しますが、一番多く使用するのがステンレスメッシュのネットです。
軒天井の換気見切の隙間や、アルミ笠木と外壁の隙間、面戸板の隙間や瓦と破風板の隙間にも使用します。
10.JPG
ステンレスメッシュのネットを補修する部所の形に合わせ、予め加工すると現地で便利
14.JPG
板金折り曲げ機を利用して手作りします。
12.JPG
ロール状のネットを採寸して必要箇所分カットします。
13.JPG
折り曲げ機に挟み曲げます
11.JPG
コの字状に曲げて隙間に押し込み固定します。
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 

鉄骨の隙間からコウモリの脱糞落下 [段ボールにコウモリの脱糞]

コウモリ防除工事が中々減る事が有りません。まだまだ現地調査見積が続きます。
本日の点検はとある倉庫のコウモリ調査です。
3.JPG
倉庫内の段ボール箱にコウモリの糞が落下して居ます。
これでは商品価値が低下してしまいます。
2.JPG
H鋼の隙間からコウモリの脱糞が噴出して居ます
相当量の糞が鉄骨の裏側に堆積していると思われます。
1.JPG
天井裏を確認する事は出来ませんでしたが、想像すると・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 

コウモリネットバリアIN金沢 [究極のコウモリ飛来防止策]

金沢にてコウモリ飛来防止ネットバリア施工を行いました。
隙間に侵入するコウモリ対策は、地元の業者でも対応可能との事ですが、外壁に飛来休憩するコウモリは、手の打用が無いとの事で、地元業者では対応策が無く困ってお見えに成りました。
弊社HPをご覧に成り、能美市でのコウモリネットバリア施工が目見留まりhttp://koumori-taisaku.blog.so-net.ne.jp/archive/20170706、今回施工と成りました。
3.JPG
外壁はサイディングに突起の多いリシン吹き風の上品な塗装が施されています。
中央には素焼きタイル風のアクセントが用いられた50㎜程の段差に成ります。
いよいよ高車を使ってのマウントの取付から始めます。
1.JPG
破風や鼻隠しには黒色のマウントベースを設置します
2.JPG
外壁側はグレーのマウントを設置します。
6.JPG
中央の棟から垂直に2300㎜の位置に、壁側に折り込むワイヤーを張ります。
軒下の奥行は700㎜ ネット巾は2000㎜なのでジョイント部分にも1本ワイヤーを張ります。
7.JPG
側面から見た仕上がり風景 然したる違和感も無く外観にマッチしました。
東の妻側同様に南面の軒下も違和感は有りません。
1.JPG
玄関屋根下の妻側にも飛来防止ネットバリア施工を施しました。
コウモリ撃退

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -