So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

コウモリ侵入個所ベスト3 [破風板と瓦の隙間]

洋風住宅に侵入するコウモリは、換気ガラリ・換気見切に続いて、破風板と瓦の隙間に侵入する事例がベスト3です。

3.JPG

少しザラツキが有る破風板は、コウモリの爪が引っ掛かり易くコウモリ侵入の切欠に成ります。

コウモリ侵入個所は、脱糞が確認されたり、入り口付近に汚れが付着します。

4.JPG

侵入個所には出口専用の仕掛けを作成

2.JPG

侵入されては困る他の隙間は予めステンレスネットで補修


軒天井換気見切のコウモリ対策 [換気見切金具からコウモリ侵入]

軒天井と外壁の取り合わせ部分に取り付ける換気見切

よくよく観察すると、10㎜×50㎜ほどの隋円形の穴が開いています。この部分からコウモリは、いとも簡単に軒天井内へと侵入してしまいます。

3.JPG

軒天井内から外部を見ると、こんな感じで隙間がよく解ります。

2.JPG

換気見切の内側(軒天井側)にコウモリの脱糞が溜まります

5.JPG

たまに天井裏にも脱糞が堆積します。


知多市でコウモリ対策 [面戸板の隙間からコウモリ侵入]

朝一番で知多市までコウモリ対策の初日に同行しました。外壁と軒天井の取り合わせ部分に設置して有る、換気見切のコーナーカバーにコウモリが侵入しています。

追い出しようの仕掛けを作成し、他の侵入していないコーナーカバーや端部は、予め補修を行い仕掛けから飛び出したコウモリが、再侵入しない様に補修を先行させます。

現場立ち合いを済ませ、地元に戻ってのコウモリ調査です。

2.JPG

和風住宅の軒下付近 脱糞が目立ちます。面戸板隙間からコウモリが侵入しています。

1.JPG

天井裏にもコウモリの脱糞が堆積し始めてます

3.JPG

2階の面戸板の隙間に侵入するので、1階の屋根の上にもコウモリの糞が落下しています。


熱交換気扇のコウモリ対策 [換気扇にコウモリ侵入]

熱交換タイプの換気扇は、外壁に設置する換気ガラリの空気の出入り口の隙間の目が粗いために、コウモリが侵入する事が多いです。

開閉のシャッターの隙間から換気扇本体内部に侵入して冬を過ごすコウモリもいます。

3.JPG

熱交換タイプは内部が2層に分かれた筒状に成っています

4.JPG

パイプの中を通過して換気扇内部まで侵入 ミイラ化した死骸があります

2.JPG

熱交換タイプの換気扇はこの様な形状の換気ガラリです。


断熱材の裏にコウモリの糞 [天井裏換気からコウモリ侵入]

天井裏の換気用のガラリは、コウモリが侵入可能な隙間が空いているタイプがあります。

換気ガラリが取り付けて有るのに、なぜか天井裏の壁面が断熱材で覆われています・・・・。

断熱材を少しめくって見ると、コウモリの糞が壁一杯に堆積しています。これは、断熱材と壁の空間にコウモリが営巣して居る事に成ります。

1.JPG

梁の上にコウモリの糞が山の様に堆積しました。

2.JPG

壁面は断熱材に覆われ、換気ガラリからは空気の入れ替わりが無いのでコウモリには好条件

3.JPG

一般的多く用いられてる換気ガラリ


コウモリ飛来防止ネット [コウモリネットバリア施工]

和風住宅の妻側に取り付ける事の多い『格子』、

切り妻屋根のの場合には、妻側のアクセントを兼ねた『格子』は欠かせない部材でもあります。

しかし、コウモリの多発地帯では、この格子がアダと成り、コウモリ飛来休憩を誘発させる事がおおいです。

妻側の格子へ飛来休憩するコウモリ対策には、『コウモリネットバリア』が一番友好的な対策と成ります。

5.JPG

コウモリネットバリア 本日仕上がりました。

4.JPG

離て見れば、全くネットバリアが目立ちません。

これからは、安心して過ごして頂けます。


コウモリネットバリア施工 [コウモリ飛来休憩防止策]

7月4日に以前施工を行ったコウモリ飛来休憩防止策現場の最終チェックを行いました。

3.JPG

外壁がリシン吹き仕上げだと、コウモリが飛来休憩し易く、この時期悩みの種に成ります。

そんな時は、コウモリ飛来休憩防止ネットバリアが効果的な方策です。

2.JPG

玄関が勾配天井造りだと、これも休憩し易い場所に成ります。

ここでも、飛来休憩防止ネットバリアが効果的です。

1.JPG

外壁飛来防止にネットバリア以外にもテグスによる防止策も効果が出ます。

今回の施主様宅は、長年コウモリ飛来休憩に悩まされて居られましたが、

先月初めに施工して以来コウモリ飛来休憩は治まった様です。

なにはともあれ一先ず安心ですね。


小学校のコウモリ対策 [夏休みのコウモリ対策]

夏休みに突入した本日は、小学校のコウモリ対策です。

高所作業車を小学校のグランド内へ持ち込んでのコウモリ対策なので、夏休みでグランドを使用しない日が必須条件でした。幸いにも雨も降らず、カンカン照りでは無かったので、スムーズに作業も進みました。

1.JPG

校舎のジョイント部分に被せて有る、板金のカバーの隙間からコウモリが侵入営巣して居ます。

2.JPG

校舎の中央設置して有る大時計の裏側にも多くのコウモリが生息しています。

3.JPG

大時計の裏側に侵入出来ない様に、バックアップ材を入れ、コーキングで補修します。


新築後間もなくコウモリ侵入 [自然換気とコウモリ営巣]

新築住宅でのコウモリ被害は、自然換気にコウモリが侵入営巣する場合が多く報告されます。

本日のコウモリ対策も、新築1年目の住宅の自然換気に侵入営巣するコウモリ対策です。

換気ガラリのスリット幅が1㎝以上有るので、侵入は致し方ない訳です。ステンレスメッシュが取り付けてあるタイプのガラリも有るので、心配な地域(生息が多い地域)では、予め指定されるのが望ましいですね!

2.JPG

換気フィルターの裏側にぶら下がった状態で居座ります。

3.JPG

ダンパー内にも徐々に脱糞が堆積し始めます

4.JPG

換気ガラリのスリットは15㎜は有ります。

余裕で侵入可能です。

清掃後、外側からステンレスメッシュのネットで補修します。


笠木から侵入するコウモリ [4階建ビルもコウモリ対策]

本日、全国最高気温を記録した、東濃地方でのコウモリ対策見積もりです。

3.JPG

4階建てビルの笠木からコウモリが侵入して居ます。

2.JPG

外壁ALCとアルミ笠木の隙間が10㎜以上空くと、コウモリ侵入のきっかけに成ります。

コウモリが侵入する場所は、黒ずみや脱糞が外壁に付着するので、見ればすぐにわかります。

1.JPG

外壁に残るコウモリの尿の痕

液垂れ状態の縦筋が残るのが特徴です。


前の10件 | -