So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

戸袋にコウモリ飛来 [戸袋のコウモリ対策]

雨戸が戸袋に成るタイプのサッシ枠内にコウモリが飛来休憩するのを防止する為の現場調査です。

1.JPG

雨戸をサッシ枠に収納すると、戸袋の様になるタイプの雨戸

3.JPG

雨戸の陰に成る外壁部分へ、飛来休憩するコウモリの脱糞

2.JPG

このタイプの雨戸裏側への休憩を防止するのは大変です。


アルミサッシに居座るコウモリ [コウモリの尿に依る酸化したサッシ]

10年前にコウモリ対策を施工した物件に、新たな施主様が数年前からお住に成られました。

窓枠にコウモリの糞が堆積しているのを発見されて今回清掃と対策を仰せつかりました。

6.JPG

アルミサッシの上部、溝の奥に冬場なのに潜んでます。

5.JPG

このアルミサッシの枠の溝は深い様です

3.JPG

黒いアルミサッシに尿が付着すると酸化してコーティング層が剥がれてしまいます。

4.JPG

コウモリに退散して頂き、隙間にゴムパキングを取付けます。


ケラバに侵入するコウモリ対策 [足場を組んでのコウモリ対策]

瓦と破風板の隙間に侵入するコウモリ対策も頻繁に依頼が有ります。

コウモリが活発に捕食活動を行う4月以降に成ると、瓦の下に生息して居る事も考えられますが、この時期(夜の最低気温が15度以上の時期以外)のコウモリは、温かい場所を選んで営巣を行っているので、破風板と瓦の隙間に生息して居る事はないでしょう。

本日のコウモリ対策は、仮設足場を掛けての施工と成ります。

2.JPG

切り妻屋根のこちらの施主様宅は、

梯子では届かない場所での補修作業です。

仮設足場掛けを行い作業開始です。

4.JPG

中央の天コツ部分の隙間へ侵入し始めました。

3.JPG

ステンレスネットを瓦に張り付けながら隙間を補修していきます。


サシシの枠にコウモリ飛来 [アルミサッシの枠にコウモリの糞]

10年前に施工したコウモリ対策のお家の、アルミサッシにコウモリの脱糞が目立ち始めました。

10年前施工した時の施主様と、今回点検に訪問した時の施主様は、同一じ施主様ではありませんが、以前の持ち主から、コウモリ対策をした事は聞いてお見えになって居られたので、今回多い合わせ頂きました。

10年前に施工した場所は、全く問題有りませんでしたが、新たな場所を見つけ一時的き始めた様です。

4.JPG

アルミサッシの枠が深いので、この部分へ休憩に飛来し始めました。

2.JPG

サッシのレール部分には脱糞が目立ちます。

3.JPG

下のシャッターBOXの屋根にもかなり落ち始めています。

サッシの枠の隙間に侵入するコウモリ対策は、補修方法を考えなければ成りません。


冬場のコウモリネット対策 [コウモリ飛来防止ネット]

1月最後の寒い日に、コウモリネットバリア施工です。

温かくなると、ベランダに毎日コウモリの脱糞が落下してるお家です。

侵入箇所は棟木と破風板の取合せ部分の1㎝の隙間から侵入して居ます。

外壁はザラツキの多いサイディングにリシン吹き仕上げで棟木の両脇にも休憩します。

侵入していたコウモリ対策を終え、冬場のこの時期に、飛来休憩防止のネットバリアを施工します。

2.JPG

破風板からネットを垂らし壁側へ90度折り返して張り込みます

4.JPG

光線の加減でネットが引かtレ見える場合も有ります。

3.JPG

仕上がり綺麗で意匠性には何ら問題ないと思います。


軒天井のコウモリ対策 [軒天井コウモリ脱糞清掃]

発泡ウレタンの吹き付け断熱工法の天井裏にコウモリが侵入し始めてます。

軒桁から侵入したアブラコウモリは、軒天井へと移動して住み着いています。

軒天井の中にはコウモリの脱糞が堆積し、軒天井に設けられた換気口からも零れるほどです。

冬場のコウモリ対策は、軒天井内にコウモリ冬眠の有無を確認しながらのチェックから始まります。

1.JPG

軒天井内に堆積した脱糞

2.JPG

掃除機の口が入らないので、細口の特性ホースで吸い出します。

3.JPG

軒天井内のバキューム状態はこんな感じで行われます

4.JPG

換気口が無い部分は板をカットして脱糞清掃を行います。


冬のコウモリ補修 [換気見切りのコウモリ補修]

気温が高く成ると飛翔昆虫を求めコウモリが飛び交います。 捕食活動を終えたコウモリは、休憩の止めに建物外壁の安全な場所に休憩します。 

最近多い侵入事例は、大手住宅メーカーが取り入れてる換気見切部分からのコウモリ侵入です。

夏場の休憩が始まる前に、冬の時期こそ可能な換気見切のネット補修を行ないました。1.JPG

外壁と軒天井の取合せ部分に換気水切りが有ります

2.JPG

ステンレスネットを加工して取り付けます。

3.JPG

見た目にも違和感が無く、高耐久なステンレスネットが一番です。


真冬でこそのコウモリ対策 [冬のコウモリネット施工]

コウモリが飛び交わないこの時期に施工する事で、夏場のコウモリ飛来休憩防止を防ぎます。

5月以降の、夜間の気温が高くなると、ベランダ上部への飛来休憩を行う、アブラコウモリ対策の為に、飛来防止用のネットバリア施工を行います。

1.JPG

外壁がサイディング張にリシン吹き仕上げのザラ付感が有ると、棟木やもやの両脇に休憩します。

2.JPG

白色の外壁でもコウモリネットバリアは目立ちません。

3.JPG

ベランダに出て見上げると、ネットが視野に入る程度の仕上がりと成ります。


梯子でコウモリ補修工事 [梯子を使ってコウモリ補修]

12月の中旬に成ってもコウモリ防除補修が続きます。

コウモリ対策で梯子が届かない場所では、高所作業車を利用したり、足場掛けを行いますが、梯子が届きそうな場所でも梯子がすんなりと掛けれない場所も有ります。

13.JPG

巾が3820㎜のワイドな窓が軒天井まで続いてます。

梯子が届く高さなのに、梯子を掛ける場所がガラス窓に成ってしまう為、

窓枠に木材を横たわせ梯子の支点にします。

12.JPG

2連梯子3本立てでの作業と成ります。

強風が無い日限定です。

14.JPG

3階建てのアパートも梯子での作業となります。


コウモリ用補修材料作成 [コウモリ用補修金具作成]

コウモリ侵入防止の補修工事には各種の補修材料を使用しますが、補修用の材料を手作りします。

前回は、補修用のステンレス金網をコの字に加工しましたが、今回はL型の板金加工です。

3.JPG

アルミサッシの枠と軒天井に隙間が15㎜有ります。

5.JPG

板金折り曲げ機でL型補修材を作成します。

7.JPG

90度の型枠と刃先で圧力を加え一気に曲げます

9.JPG

L型の補修材料が出来ました。

2.JPG

カラータップビスで固定すれば完璧な補修


前の10件 | -